MENU

在籍確認なしでカードローン契約できる?勤務先への電話連絡をなくして借りる方法

カードローンを申し込むと、必ず勤務先に電話がかかってくるわけではありません。

ある手順を踏めば、カードローンを契約した際に、勤務先への連絡を回避できます。

勤務先へ連絡されてしまうと、同僚や職場の方に知られてしまいそうで気がかりですよね。

勤務先への電話連絡を避けるために、今回は、勤務先への電話連絡をなくしてカードローンを契約する方法をご紹介します。

目次

カードローンは在籍確認なしで契約できる?

カードローンは、在籍確認なしでは契約できません。

貸金業法によって「返済能力があるか確認すること」が必須項目になっているためです。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
(引用元:貸金業法|第13条

在籍確認の方法で、いちばんやってほしくない確認である「勤務先への電話確認」を避けられます。

基本的に在籍確認は求められる

基本的に、カードローンを利用するときは在籍確認が求められます。

貸金業法により、「返済能力があるかどうか」の調査を行う義務があるためです。

多重債務者が増えたことが、社会的な問題になっているため、審査が厳しくなりました。

カードローンを申請する際に記載する勤務先に在籍していると分かれば、安定した収入を得ている証明になり、お金を貸すカードローン会社は「返済能力がある」と判断できます。

そのため、勤務先に電話で在籍確認をとって返済能力があるかの裏付けを取っています。

消費者金融ならWeb申し込みで相談できる

在籍確認の方法は、電話連絡で勤務先に確認する方法だけではありません。

収入証明書の提出も、在籍確認の1つになります。

大手消費者金融であれば、Web申し込み後に担当者と相談すると、在籍確認で勤務先に連絡しないでもらえるケースがあります。

その場合は、代替書類である収入証明書などの在籍確認ができる種類の提出を求められます。

アイフルの公式ホームページでは、以下のように「原則、職場に電話連絡しない」と記載があるので、勤務先に連絡されてしまうのではないかという恐怖心を拭って利用できます。

原則として在籍確認のために申込者の職場に電話連絡することがありません。
(引用元:アイフル公式ホームページ

カードローンを利用するうえで、在籍確認の方法に少しでも不安があるときには、オペレーターに相談しましょう。

銀行カードローンなら給料振込口座を持っていれば良い

給料の振込口座にしている銀行のカードローンであれば、勤務先への電話連絡なしになるケースもあります。

カードローンを利用したい銀行を給料の振込口座として利用していれば、カードローン申込時に申請した勤務先に在籍していて給料を安定してもらっていると確認できるからです。

近年の借入残高増加から金融庁の調査が厳しくなったのを受け、各銀行で自主規制を設けており、在籍確認のための収入証明書の提出を求めるなどの基準が厳しくなっています。

銀行カードローンの審査が厳しくなっていることから、勤務先への電話連絡なしという個人の要望に答えるのが難しくなっているのが現状です。

在籍確認なしでカードローン契約できる消費者金融

勤務先への在籍確認をせずにカードローンの契約ができる可能性が高いのが、消費者金融です。

各消費者金融へ相談の電話やチャットをし、回答次第で代替書類を提出すると、在籍確認ができます。

交渉しないと勤務先へ在籍確認の連絡を入れてしまう可能性があるので、カードローンを申し込んだら、必ずすぐにオペレーターに相談しましょう。

Web申し込みなら電話確認がない「プロミス」

プロミスはWeb完結の申し込みであれば、24時間365日営業時間を気にせず申し込みできます。

いつでもどこでもWeb申し込みであれば、申し込みできるので便利です。

職場への電話確認 プロミスコールへ相談できる
限度額 1~500万円
金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分

(参照元:プロミス)

ただWebで申し込むだけでは、在籍確認のため勤務先へ電話されてしまう可能性があります。

Web申し込み後に、相談・質問ができる「プロミスコール」に電話すると、相談の結果、勤務先への電話確認なしになる場合があります。

勤務先へ連絡されたくない方は、重い腰を上げてプロミスコールに電話相談してみましょう。

申込完了後すぐに電話してください。

オペレーターに相談すれば連絡されない「アイフル」

アイフルでは、原則として在籍確認のための勤務先への電話確認は行っていません。

ホームページに記載があったので、安心して利用できます。

アイフルでは、原則として在籍確認のために申込者の職場に電話をすることがありません。
(引用元:アイフル公式ホームページ)

職場への電話確認 原則在籍確認のための電話確認なし
限度額 1〜800万円
金利 3.0〜18.0%
審査時間 最短25分

(参照元:アイフル)

アイフルが勤務先への電話連絡を原則行っていない理由は、勤務先へ連絡しなくても働いているかどうか確認する手段が整っているためです。

あくまでも原則なので例外的に勤務先に電話する可能性もあります。

不安な方は、チャットや電話でオペレーターに相談しましょう。

Web完結申込で電話連絡を避けられる「SMBCモビット」

条件を満たしている方だけが申し込める「Web完結」での申し込みであれば、電話連絡なしで可能です。

職場への電話確認 条件を満たせば電話連絡なし
限度額 1〜800万円
金利 3.0〜18.0%
審査時間 最短30分

(参照元:SMBCモビット)
注意したいのが、勤務先への電話連絡を避けられるWeb完結申込には、条件があるところです。

Web完結申込ができる条件は、以下です。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの自分名義の口座を持っている方
  • 全国健康保険協会の保険証(社会保険証)、もしくは総合保険証を持っている方

上記の条件を満たしていても、「審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります。」との記載があるため、絶対に勤務先への連絡がないとは言い切れません。

勤続年数が長ければ信用される「アコム」

アコムでは、勤続年数が3~5年ほど働いていれば、勤務先への電話確認を回避できるケースがあります。

職場への電話確認 勤続年数によってはなし
限度額 1〜800万円
金利 3.0〜18.0%
審査時間 最短30分

(参照元:アコム)
勤続年数が長いほど安定した収入を得られているという証明になることから、カードローン会社からの信用を得られます。

場合によっては、勤務先へ電話確認が入る場合もあるので、事前にコールセンターへ電話し、相談しておきましょう。

在籍確認なしでカードローン契約する流れ

ここでは、重要な在籍確認なしでカードローンを契約する流れを紹介します。

ただWebで申し込むだけでは安心できず、勤務先へ連絡してしまう可能性が高いです。

ここに書いてある手順を踏んで、勤務先へ電話確認をされないように事前に対策しましょう。

Web申し込みを行いオペレーターに相談

カードローンのWeb申し込みを行っただけでは、在籍確認の電話が入ってしまう場合があります。

Web申し込みをしたらすぐに、オペレーターに勤務先への電話が入るかどうかの相談しましょう。

相談をするかしないかで、勤務先へ電話が入ってしまう確率が上がってしまいます。

勤務先への連絡確認が回避できた場合は、別の指定の書類を提出することで、在籍確認をとります。

万が一、勤務先へ電話確認が入る場合も、カードローン会社の名前を名乗らないなどプライバシーを配慮した電話確認となっているので、安心してください。

勤務先への電話確認の内容は、非常にシンプルなものになっているので、電話確認でカードローンの利用がバレてしまう確率は非常に低いです。

在籍確認の電話対応は会社やオペレーターによって異なりますが、基本的には以下のような対応なので参考にしてください。

在籍確認の電話の様子を解説する画像

契約者が社内にいない場合でも、周りに借り入れがバレにくい対応をしてくれます。
在籍確認の電話の様子を解説する画像

直近3ヶ月の給与明細を提出して信用を得る

勤務先への連絡確認を回避したい場合には、直近の給与明細の提出もおすすめです。

提出する給与明細は直近3ヶ月分のものがベストです。

3ヶ月分の給与明細提出すれば、どのくらいの収入を得ていて、どの会社から給与をもらっているかを確認できます。

給与明細は在籍確認の代わりに使えます。

会社名や氏名、日付が記載されている給与明細であれば、どこから収入を得ているか証明できるからです。

給与明細に、氏名と会社名が記載されているかの確認が必須です。

どちらかひとつでも欠けている給与明細であれば、在籍確認として認められないので、注意しましょう。

少額の借入なら在籍確認がないケースも

少額の借り入れであれば、返済してもらえる可能性が高くなるので、在籍確認のための勤務先への連絡をしない場合が多いです。

反対に、高額の借り入れを望むほど、勤務先への電話確認を余儀なくされる確率が高くなります。

カードローンを利用する際には、自分の収入に合った金額か、お金を借りすぎていないか確認して、できるだけ少額に抑えた借り入れにしましょう。

在籍確認なしでカードローン申請できないケースは?

どうしても、在籍確認なしでカードローンを申請できないケースもあります。

過去の借り入れ状況や、借り入れしたい金額によっては、貸したお金を返済してもらえる確証がとれないためです。

こういった場合は、信用度を見極めるため勤務先への在籍確認が必要です。

以前に滞納していて信用情報に傷がついている

以前に住宅ローンや、他のローンの返済が滞っていたなどの経験があると、信用情報に傷がついています。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、カードローン利用予定者の信用を判断する材料として利用されています。

一度信用情報に傷がついてしまうと、新たなローンが組めなくなったり、クレジットカードが停止してしまったりとデメリットばかりなので、借りたものへの返済はきちんと行いましょう。

複数借入していると念入りに確認される

複数から借り入れを受けていると、借主の返済負担が大きくなるのと同時に、カードローン会社も返済できるのかの確認が慎重になります。

近年、複数の業者から借り入れをしていて、返済が困難になる「多重債務者」が増加しているのが背景にあります。

複数借り入れをする場合、勤務先への電話確認を行う確率が高いです。

他社借り入れの件数は少なく申告するのはやめましょう。

信用情報の記録に記載されているので、すぐにバレてしまいます。

自ら自分の信用を下げる行為はしないでください。

借入額が多い場合は在籍確認されやすい

借入額が多いほど、返済が困難になるリスクが高くなるので、勤務先へ在籍確認される可能性が高いです。

大手消費者金融では、借入希望額が50万円を超える額になると、収入証明書の提出が必要になります。

そのため、50万円を超える借り入れを希望する場合は、在籍確認のため勤務先へ連絡される可能性が高くなります。

在籍確認なしでカードローン契約する際の注意点

在籍確認なしでカードローンを契約したい方でも、雇用形態によっては勤務先への在籍確認が必要になる場合があるので注意しましょう。

貸金業法によって、返済能力のない人への貸付が禁止されているからです。

短期バイトやパートの方は融通が利かない可能性がある

契約期間が数ヶ月と短い短期バイトやパートの方は、勤務先への電話連絡なしではなく他の方法で在籍確認をするという方法に変える融通が利かない可能性があります。

短期での雇用となると、「収入が不安定」と判断されてしまい、返済が困難になる可能性が高いからです。

バイトやパートの雇用形態でカードローンを申し込みたい方は、短期ではなく長期で働くと良いでしょう。

1年以上勤続年数がある状態で申し込みをすると、短期で働いている場合より、勤務先への在籍確認の融通が利きます。

長い期間働いて、収入が安定しているという信用を得てからカードローンを申し込みしましょう。

主婦の方はレディースローンなら在籍確認なしで申し込みできる

レディースローンは、専業主婦の方でも利用でき、配偶者との合算年収3分の1までの借り入れができるサービスです。

専業主婦で本人の収入が無くても、配偶者の年収をもとに年収3分の1まで借り入れ可能です。

レディースローンであれば、原則的に本人と配偶者の勤務先へ無断での在籍確認の連絡はないので安心して利用できます。

個人事業主は在籍確認の連絡が必要になる

個人事業主は、収入が不安定だと判断されるので、勤務先への在籍確認の連絡は必ず実施されます。

個人事業主であれば自力で対応できる場合も多いので、周囲の方にバレずに電話確認に応じられるはずです。

カードローン会社と相談し、在籍確認の電話が入る日時をあらかじめ決めるなど、対策を事前にしておきましょう。

在籍確認なしでカードローン契約してもバレるケース

在籍確認なしでカードローンを契約できても、バレてしまう方がいます。

そのため、契約後カードローンを契約しているとバレないように、カードローン会社選びを慎重に行う必要があります。

カードローン会社によっては、郵送物が送られてこなく、家族にバレにくい会社もあります。

長期延滞で催促状が自宅に届けられる

自宅にカードローン会社からの郵送物が届くと、家族にバレる危険性があります。

カードローン会社から自宅に届く郵送物として、長期延滞したときに郵送される「催促状」があります。

催促状は、長期延滞しない限り届きません。

なので、借りたお金は延滞する状況にならないよう、計画的に返済していきましょう。

財布チェックでカードや利用明細が見つかる

財布の中に、レシートや利用明細を貯めこむ癖がある方もいるでしょう。

財布を家族にチェックされた時に、カードローンの利用明細があると、カードローンを契約していると家族にバレてしまいます。

カードローンの利用明細だけでなく、カードローン会社のカードが見つかった場合は言い訳ができないでしょう。

対策としては、以下の2つにあてはまる会社を選ぶのがポイントです。

  • Web明細に対応しているカードローン会社を利用する
  • カードレス(スマホATM)に対応している会社を利用数する

スマホATMとは、カードを使わずにスマホだけで入出金ができるサービスで、バレる原因カードが無くても利用できます。

上に挙げた2つにの条件を満たしている会社は、主に以下です。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット

銀行の引き落とし明細で気付かれる

口座振替で借りたお金を返済する場合、どうしても引き落とし履歴が残ってしまいます。

引き落とし明細には、対策しなければ、カードローン会社の名前が印字されてしまうためバレやすいです。

対策としては、以下が挙げられます。

  • 別にカードローン専用の口座を内緒で作る
  • カードローン会社に連絡し、記載される名前を別の名前に変更してもらう

アイフルでは、引き落としの名義に「SMBCファイナンスサ」、「ライフカード(カ」などを使っており、配慮してくれているそうです。
(参照元:アイフル|口座振替でのご返済方法)

在籍確認なしでカードローン契約する際によくあるQ&A

在籍確認なしでカードローンを契約する際に、よくある質問を集めました。

ここで悩みを解消して、計画的にカードローンを利用しましょう。

在籍確認なしで借入できる消費者金融はある?

消費者金融であれば、在籍確認なしで借りられる可能性はあります。

もちろん、100%在籍確認なしで借り入れできるとは言い切れません。

「プロミス」「アイフル」「アコム」といった大手消費者金融であれば、勤務先への連絡で在籍確認をとるという方法ではなく、相談次第で収入証明書の提出などで代替していただけるケースもあります。

「勤務先への連絡をしてほしくない」との電話相談に恥じらいがある方もいるかと思いますが、消費者金融であれば、相談に乗ってもらえるので、まずは電話やチャットで相談してみましょう。

専業主婦の場合は在籍確認の扱いはどうなる?

専業主婦の方で在籍確認を行う場合は、勤務先がないので在籍確認ではなく、本人確認という形になります。

その場合は、申込時に記載した自宅や携帯電話の電話番号に連絡が入ります。

クレジットカードのキャッシングでも在籍確認は必要?

クレジットカードのキャッシングも、カードローンと同じく貸金業法の規制の対象になるので、在籍確認が求められます。

クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象となり、カードローンの借り入れと合わせて年収の3分の1までの借り入れが限度額なので、注意が必要です。
(参照元:日本貸金業協会)

まとめ:在籍確認なしでカードローン契約するなら消費者金融

基本的に、カードローンを契約する際に、在籍確認は求められます。

在籍確認の方法で最も懸念されがちな「勤務先への電話確認」は、カードローン会社への電話・チャット相談次第で代替書類を提出でカバーできる可能性があります。

そういった柔軟な対応に応じてくれるのは、消費者金融です。

カードローンを契約していると、「職場や家族に知られたくない」という方はスマホATMや、勤務先への電話確認に柔軟に対応してくれる消費者金融を利用しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる